南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何ができる?被災地からの報道に接して・・・

<<   作成日時 : 2005/01/20 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
今日の夕刊によれば、スマトラ沖大地震とインド洋津波による死者が
13の被災国で22万人を越えたとのこと。
インドネシア一国の死者が17万近くにもなるという。
私たちが住んでいる市の全人口をはるかに上回る規模であり、
なんとも想像を絶する痛ましい災害ということを物語っています。

 http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20050120/JAPAN-167609.html

一方、「水が引いたら山へ逃げろ」という伝説が、
震源地に近い島民を救ったという記事が目に入りました。
97年前(1907年)、
大きな津波に襲われたインドネシアのシムル島でのお話です。
7.8万人の住民のうち死者がわずか7人。
まさしく奇跡ともいえます。
 http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20050119/K2005011803410.html

そんな中、日本にいる私たちに今、何ができるのか?
家族で話し合い、遅ればせながら、
ささやかですが義捐金の協力をさせていただくことにしました。
被災地から連日届く悲惨な報道に、思いを馳せながら・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国の津波被害者支援物資は賞味期限切れ?
中国商務部の崇泉 報道官は、インドネシアのマスコミが、「中国からの  支援物資は期限切れだ。食べられない」などと報じたことに対して、  「現地住民を不安に陥れる卑劣な手段だ」と、強い口調で非難した。  16日付で中国新聞社が伝えた。 崇 報道官は、「中国政府は.. ...続きを見る
funny-7
2005/01/24 20:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
過日の新聞によれば、
大阪府のスマトラ島沖大地震義援金に
1200万円を超える義援金が集まったとのこと。
そして、それを被災した子どもたちのためにということで、
ユニセフに届けられるとのこと。
わが家のささやかな気持ちと一緒に・・・
  http://www.pref.osaka.jp/j_message/chiji-kaiken/file/20050203.html
南河内太郎
2005/02/05 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
何ができる?被災地からの報道に接して・・・ 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる