南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS ある経済討論会を聞いて

<<   作成日時 : 2005/02/19 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某新聞社と経済団体の共催による討論会。
テ−マは<国民自ら切り拓く「新しい日本」−関西からの提言>。

 ○経済社会の現状と課題
 ○公的部門の改革
 ○民の力をどう創り出し、どう生かしていくか
 ○関西発展のあるべき姿
有識者、経済界、政治家たちによる議論にしばし耳を傾けてきました。

その中で、<受益と負担の世代間格差・対立の緩和>という課題が取り上げられていました。
先日の新聞でもショッキングなデ−タが紹介されていました。
生涯を通じた社会保障や公共サ−ビスなどの受益と負担の差(純受益)が、
世代間で一億円近く開くというのです。
  60代以上 5647万円 受益
  将来世代 3952万円 負担   (一世帯平均)
少子高齢化の進展により、高齢層は受益が負担を大幅に上回り、
若年層に負担がしわ寄せされるという世代間格差の実態です。
そのため、年金や医療・介護制度などの抜本的な見直し、
さらには消費税など税制の検討が必要だというのです。

また、関西発展のあるべき姿に関連しては、
これまでの都市基盤整備で、関西の“体”はおおむね出来上がった。
これからは、水と緑の街づくり、観光や文化などを通じて、
関西の“顔”と“心”をしっかり磨いていくことだとの指摘。

持ち前の関西のバイタリティを生かして、
市民の風、府民の風を吹かせよう。改革ののろしを上げよう。
なにわの根性を行動に生かしていこう!
そんなメッセ−ジを発して、討論会が締め括られました。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050219AT1F1900919022005.html

討論会の模様は、明日2/20テレビでも放送されるとのことです。
関西発のこんなグロ−バルな企画が、もっともっとあってもいいと思うのですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある経済討論会を聞いて 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる