南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと気になること 〜修学旅行と竹島問題〜

<<   作成日時 : 2005/04/03 08:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
この春高校二年生になるなる息子が、パスポ−トを取りました。
現在通っている府立高校では、異文化理解教育の一環として、
ここ数年、韓国への修学旅行を行っており、
今年も、その準備を今すすめているんです。

そんな中、気になるのが、島根県の「竹島の日」条例制定に伴う波紋です。
先日も、ある新聞で、提携の破棄や修学旅行の変更など
国内各地で日韓交流に影響が出始めているとの報道がされていました。
よりにもよって日韓友情年の今年、
文化やスポ−ツを通じて高まった両国の友好ム−ドに水を差されたようで、
とても残念なことです。
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050328-00000011-mai-soci

ちょうど4年前、9・11の米国ニュ−ヨ−クでのテロ事件の影響で、
娘の通う高校の沖縄への修学旅行の実施の是非が問題になりました。
結果は、校長先生が自ら事前に沖縄に出向き、
現地の安全性等を確認したうえで判断し、予定通り実施されました。

今回の場合は、相手の受入れ国側の意思も働くことでしょうから、
事はそう簡単にはいかないことが予想されます。
島根県としては、しかるべき事情があっての対応だとは思いますが、
一つの自治体の問題としてだけでは事はすまなくなっています。
今回の波紋がさらに教育の現場にまで広がり
韓国への修学旅行の中止が相次ぐという事態ともなれば、
決していい結果を残さないように思います。
子どもたちに、どう説明するのでしょうか。

ここはぜひ、民間レベル、とりわけ教育の場での
日韓交流の流れが決して逆戻りすることのないよう、
教育の現場を預かる教職員の方々の
しっかりとした見識で冷静なご判断と対応をお願いしたいと思います。

今朝のNHKテレビのハングル講座で、一年間のしめくくりとして、
ある歌が、ピアノの弾き語りで披露されていました。
曲名は「ウリン ハナ (我々は一つ)」
この番組の進行役を努める韓国のミュ−ジカル俳優・パクトンハさんが
日韓友情年の今年、新しく作詞・作曲されたそうです。
とても素敵な曲でした。

両国民の互いの歴史・文化を共有しあいながら、友好の絆を深めていく機会が
子どもたちから奪われることのないよう、願うばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国への修学旅行〜高校生の息子を持つ父親として〜
「ちょっと気になること 〜修学旅行と竹島問題〜」について 息子の通う高校の校長先生から 保護者あてのメッセ−ジをいただきました。 この夏に予定している韓国への修学旅行についてです。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ@WebryB...
2005/04/29 07:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと気になること 〜修学旅行と竹島問題〜 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる