南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS とうとう改正祝日法成立!

<<   作成日時 : 2005/05/14 05:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本当にいいの? 「昭和の日」」について
ちょっとばかり先、2007年からの話ではありますが、
「みどりの日」4/29を「昭和の日」に、
「国民の休日」5/4を「みどりの日」にする改正祝日法が、
昨日、参院本会議で可決、成立したとのこと。

 <激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、
  国の将来に思いをいたす>

これが、今回の改正祝日法の趣旨だそうです。
最近、中国などで顕在化している反日の動きの根底には、
日本の歴史認識に対する反発が潜んでいると指摘されています。
そんな中で、「昭和」の歴史をどう受け止めるのか、
ある意味で今回の法改正は、
自らそれを問いかける状況を作ったともいえます。

仮にこの改正法の趣旨に添って考えるにしても、
64年に及ぶ昭和の時代を省みて、
あえて国民の祝日にふさわしい一日を特定するとすれば
それが果たして4・29なのかという問題です。
私は、いささか疑問を感じます。

戦争から決別し、平和を決意した日。
私にとっては、やはり<8・15>こそが、
昭和という時代を象徴する日であり、
次の世代に語り継いでいくべき歴史的な意味を持つ日ではないか
と考えます。

この間の国会審議の中でも、
 「憲法の平和的民主的原則を踏みにじるもの」
 「侵略戦争の犠牲となったアジア諸国からどう見えるか考えるべきだ」
などと反対の立場からの表明もあったとか。
今回の法改正が、
単に祝日の呼び方が変るだけではすまないように思うのは、
私一人ではなさそうですね。
みなさんは、どう受け止められますか?

新聞報道を見て・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
廃案になれば・・・
「とうとう改正祝日法成立!」について 今回の衆議院解散に伴い、 郵政民営化法案をはじめ、種々議論があった障害者自立支援法案など 61法案が廃案になったとのこと。 政府が提出した89法案のうち成立したのは75法案で、 成立率84.3%にとどまり、 小泉内閣になって最低だったそうだ。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2005/08/14 17:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とうとう改正祝日法成立! 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる