南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS VIVA!有田音楽堂

<<   作成日時 : 2005/07/29 06:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
お疲れ様でした。
今回初めての参加(7/23〜24)でしたが、
とても楽しい、かつ音楽的にも充実した時を過ごすことが
できました。
特に卒業30年という節目にあたる私たちにとって、
思い出に残る機会を与えていだき、感謝、感激です。

 A先輩へ
とても素晴らしい場所と機会を提供いただきありがとう
ございました。
A先輩ご夫妻の音楽をこよなく愛されている思いが
ひしひしと伝わってきました。
恵那市・岩村、本当にいい町ですね。
造り酒屋で買った計り売りの地酒、とてもGood!
いただいたCD(オルガン演奏)、聞かせていただきました。
心に響くものを感じました。
帰国されましたら、奥様にくれぐれもよろしくお伝えください。

 M先輩へ
なにからなにまで、お世話いただきありがとうございました。
これに懲りず、また声をかけてください。
参加させていただいて、本当に良かったです。

 “大きいKちゃん”先輩へ
親しくご一緒させていただき、
また隣で邪魔しながら歌わせていただき、
ありがとうございました。
楽しいお話の数々、とても印象に残りました。
これを機会によろしくお願いします。

 S先輩へ
合唱のご指導・ピアノ伴奏ありがとうございました。
普段なかなか歌う機会のないパレストリ−ナやコダ−イ、
バッハなどなど、
私にとって、久しぶりにとても充実した音楽的時間でした。
コダ−イの歌詞づけは来年の宿題とさせていただきます。

 A先輩ご夫妻へ
帰りの運転、リ−ドしていただきありがとうございました。
帰宅したところ、堺フロイデ演奏会の案内が届いていました。
大阪初演になるベルリオ−ズ・荘厳ミサ。
8/26平日の夜ということで、やや流動的な状況ではありますが、
聞きに行かせていただきたいと思っています。
演奏会のご盛会をお祈りします。

 同期のK君、M君、Aさんへ
再会ができ、良かったです。
特に、K・M両君にとっては遠路(関東から)の参加、
ご苦労様でした。
お互い元気でな、いつかまた会おうなと、
心の中でささやきながら、お見送りさせていただきました。
それぞれ忙しいにもかかわらず参加し、
再会が果たせた喜びを大切にし、
参加できなかったメンバ−にも、伝えたいと思います。

 今回残念ながら参加できなかった方々へ、
ぜひ、来年は参加してみませんか。

いつかまたより多くの仲間と再会できることを願いつつ、
取り急ぎのお礼と報告とさせていただきます。

*「有田音楽堂」とは?
  学生時代の合唱団のA先輩ご夫妻(名古屋在住)が、
  自然と歴史の豊かな岐阜県・恵那市岩村に作られた山荘の愛称。
  グランドピアノ、パイプオルガン、チェレスタ、チェロなどが備えられ、
  個人で音楽を楽しむためだけでなく、仲間と音楽するためにも使われることを
  願って作られました。
  http://kankou.iwamura.org/main.html

 *掲載写真は宿泊した岩村山荘の食事・炭火焼料理「戦国料理」
 最上級の和牛・新鮮な野菜・川魚・五平餅や旬の食材を活かし
 独特の風味ある自家製のホウバ味噌を副食材として炭火にて焼きながら食べます。
 酒は岩村城ゆかりの銘酒「女城主」です。

  (ハイマ−ト合唱団OB・HP掲示板への書き込みより転載)
  http://homepage3.nifty.com/heimat70s/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
有田音楽堂を再訪して・・・
「VIVA!有田音楽堂」について 昨年に続けて参加(8/5~6)させていただきありがとうございました。 歌い、語らい、散策・・・と 皆さんとともにとても楽しい時を過ごすことができました。 懐かしい曲から普段歌えない曲にも触れることができ、 音楽的にも心地よい刺激をいただきました。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2006/08/20 09:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
♪谷間の森影の 愛らしい教会
  過ぎし日の思いで 新たなあの教会
  オ− カムカム カムカム・・・・・

こんなメロディ−がふと浮かんできます。
有田音楽堂に行ってきました。
それぞれの思いと音楽(楽譜)を持ち寄って、
“歌い、語り、食べ、歩き”の楽しい二日間でした。
まだその余韻が残っています。
この間、今回のツア−に寄せられたメ−ルを整理しました。
これらのメッセ−ジを通じて
集いの雰囲気の一端を感じ取っていただければと思います。

行きの車の中では、バッハ/モテットのCDを聞きながら、
 ♪ Siget, singet・・・ でS先輩を思い出し
 ♪ Jesu, mine Freude・・・ で故S氏を思い出しながら 
目的地・恵那に向かいました。

またK君にとっては、
恵那から中津川にかけては亡きF君と山歩きをした思い出深いところ
だったそうです。

いつかまた、再会できることを楽しみにしています。
取り急ぎのご報告に変えさせていただきます。

  (報告・メッセ−ジ集の送付メ−ルより)
南河内太郎
2005/07/30 06:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
VIVA!有田音楽堂 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる