南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真展「但馬の四季」を見て・・・

<<   作成日時 : 2005/09/03 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
夏真っ盛りのお盆〜人それぞれの<終戦>」について

 初めてお便りさせていただきます。
 この夏休みを利用し、家族で兵庫県但馬方面に旅行に行った折、小代物産館に立ち寄り、
そこで開催されていた写真展「但馬の四季」を拝見しました。
 ご三方の美しい見事な写真をみせていただくことができ、大変喜んでいます。
 http://www.mikatawa.com/fan/

 但馬は、私にとっては、思い出多い故郷でもあります。
私の両親も但馬の出、村岡です。幼くして父の仕事の関係で大阪に出てきたため、
学生時代の友人はいませんが、小学生のころ、夏休みや冬休みになれば、
村岡にあった祖父母の家によく帰省していたので、その頃の風景が今も懐かしく蘇ってきます。

 最近では仕事の関係もあり、なかなか訪れる機会がなかったのですが、子どもたちも大きくなり、この機会にと思い但馬への旅行を企画しました。今回、私たちは、香美町(旧美方町)新屋のさらに奥にある南部健康高原というところのコテ−ジを宿泊場所として、2泊3日の旅行を楽しみました。
ちょうど車での帰路、小代物産館が目に留まり、しばし車を止めたのがきっかけでした。

 今回の旅行で、子どもたちも、但馬地域のよさを肌で感じくれたようです。また皆さん方の写真を見せていだたいて、さらにその印象を強くしたようです。
いい機会を提供していただき、本当にありがとうございました。

 なお、この機会に一言。私の手元に一冊の切り絵の書物があります。
タイトルがなんと同じ「但馬の四季」です。西宮の久保修さんという方の作品集で、
東方出版というところから出されています。

 「但馬の風が吹いています。但馬の川音が聞こえています。
  心に但馬の町や田畑の息づかいが、しみてくるようで、
  にわかに旅情に誘われます。」
と、浜村淳さんがその巻頭言にメッセ−ジを寄せられたいます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4885915813/qid=1125706784/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-9946837-1524344#product-details

 いつしか、皆様方の素晴らしい写真集「但馬の四季」ができあがるのを期待しています。今後とも、皆様方の活動がさらに充実し、実り多いものになりますよう祈念します。
 素敵な写真展を拝見させていただいてのお礼とご挨拶まで。

(村岡カメラ倶楽部メンバ−へのお礼のメッセ−ジより)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
写真展「但馬の四季」を見て・・・ 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる