南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユネスコ世界遺産(その15)〜「新指定」を読み終えて

<<   作成日時 : 2007/03/11 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像世界遺産学検定にチャレンジ!」について
〜新規登録・世界遺産シリ−ズの再出版を期待して〜
 「本で」世界遺産を守りたい。
  地球と人類の、なくしてはいけない、たったひとつのもの。
  価値を知れば、宝物は未来に手渡せる!

 ユネスコ創設50周年企画として発刊されたこのシリ−ズ、新指定の最終巻(55件)を含め、全巻を通してその時点で登録されていた世界遺産552件すべてを訪ねたことになります。このシリ−ズが企画・出版された頃、森本哲朗氏がある新聞の特集記事にこう語っておられます。

「今後、ぼくの旅の枝折りになるだろう。ここには、世界という書物が、そのまま印刷されているからである。ぼくは、この本を開いて、まだ訪ねていない史跡や自然が何ペ−ジも残っていることに愕然とした。それが、ぼくを新たな旅に誘ってやまない。
 この30年、世界は著しく相貌を変えた。戦禍により、また自然災害で傷つき、あるいは経済的困窮から打ち捨てられるというケ−スも少なくない。人間の記憶が抹殺されるというのは、なんと悲しいことか。
 本を旅し、世界を読む。これこそが人類の遺産を救う第一歩だと、ぼくは思う。」

 しかし、その後登録件数は急増し、現在では、文化遺産644件、自然遺産162件、複合遺産24件で、総数830件。すなわち、このシリ−ズでカバ−されていないまだ見ぬ世界遺産は、300件近くにもなっているわけです。

 このシリ−ズを通しての私の旅も、これで一区切りですが、いつしか、その後新規登録された世界遺産を収録したシリ−ズが、再び企画され、新たな世界を読む旅ができることを願うばかりです。
  
 *朝日新聞 1998.6/2 広告特集 出版21世紀〜あたらしい読書の世界へ
   「世界を読む」ということ  森本哲朗

 ケ−ス表:南太平洋の孤島イ−スタ−島 ラパ・ヌイ国立公園の巨大な石像モアイ(チリ)
 カバ−表:人間の営みと自然環境とが調和するコルディリエ−ラ山脈の棚田(フィリピン)
 カバ−裏:碁盤の目状に都市計画されたエディバラの新市街(イギリス)

新指定 (ユネスコ世界遺産)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユネスコ世界遺産(その15)〜「新指定」を読み終えて 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる