南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 08年に思う〜元旦社説から

<<   作成日時 : 2008/01/04 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像元旦社説から新しい元気をもらう!」について

[全国紙の主張] 
                     
歴史に刻む総選挙の年に 平成20年の意味 (A新聞)
  蛇行の末のねじれ 沈没を防ぐため ねじれ時代のル−ルの確立
08年を考える 責任感を取り戻そう(M新聞)
  露骨に国益を追う「責任」の欠如 「公」の回復 「祖国」を実感できる年に
多極化世界への変動に備えよ 外交力に必要な国内体制の再構築(Y新聞)
  唯一の超大国の揺らぎ 重さを増す対中外交 日米同盟基軸は不変
   危機の財政、社会保障 強い政治的意思を示せ
危機の20年へ備えと覚悟(S新聞) 聞こえる「幕末」の足音
  GNPよりGHHの哲学 日米同盟はアジア太平洋地域の国際公共財として深化
  日本の安全保障 首相は「国益」戦略を語れ 民主党は現実姿勢に転換を(S新聞1/3)
  リスクの分かち合い 集団的自衛権を認めよ 自衛隊海外派遣恒久法の整備
国益と地球益を満たす制度設計を(N新聞)
  文明を支える議定書 民(京大グル-プ)が柔軟な制度提案

[各地からのメッセ−ジ]

サミットの年に考える 瀬戸際の地球をどう守る(北海道)
 近代都市文明のおごり 温暖化が国際紛争生む 地球民主主義 未来への想像力
新年を迎えて 一人一人幸せと誇り探そう(東北)
 足元の日常に埋まっている 自分の仕事 地域の文化や伝統 思いやりや共生
心豊かな未来のために 成熟の社会へ(信州)
 日本が小さくなる 競争政策の限界 軟着陸の条件は 社会的連帯の再構築
○「反貧困」に希望が見える 年のはじめに考える(中部)
 広がるワ-キングプア 国が未来を育てる番だ 声を上げることから 時には法律を武器に
転換の時 地方政府・中央との関係 真の対等に(山陽)
 反目し合っては 明確な役割分担 見えてくる道州制
コミュニティ−再生が必要だ(北九州)
 ぼやける人の顔、声 心安らぐ風景、地縁 行政や企業の協力 信頼と安心
開発主義を見直したい(沖縄)
 得たもの失われたもの 大切なのは「生活の質」 構想力を鍛え上げよう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
“現代への警鐘”の書
「08年に思う〜元旦社説から」について ■某新聞の元旦社説がきっかけで手にした一冊です。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2008/01/20 21:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
08年に思う〜元旦社説から 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる