南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪大学合唱団演奏会を聞いて

<<   作成日時 : 2009/12/14 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像大学合唱団演奏会を聞いて〜恩師のフェアウェルコンサ−ト〜」について
演奏会聞かせていただきました。
とてもよかったです。
感激しました。

おそらく今頃、皆さん方は、
演奏会の感激と美酒に酔いしれておられることでしょう。

私は、4年前の伊吹先生のフェアウェルコンサ−トを
聞かせていただいて以来となります。
その時にも団員数の増と演奏力のアップに感激しましたが、
今年はさらに「音楽力」をつけていると感じた次第です。

ドイツ語、日本語、ラテン語、
それぞれの音楽の世界を見事に歌い、表現されていたと思いました。
とにかく、声の響き、ハ−モニ−がよく、
とても心地よい「ハイマ−ト・ト−ン」を聞かせていただきました。

メンデルスゾ−ンは、プログラムに記されておられたように、
「美しさ、音楽の広がり」によって「神の存在」を
確かなものとして表現されていたようです。

「鎮魂の賦」では、「温かい光」が客席にもきちんと届きました。
最初の団歌「母なる故郷」でも感じましたが、
日本語のフレ−ズの歌い方が見事でした。
私は「家居に」「春の日」にとても魅かれました。
プログラムのメッセ−ジ「人はいつか死にます」。
今年、私たちの世代のハイマ−トの大切な仲間を見送った私には、
ジ−ンと胸にきました。

「戦時のミサ」。伊吹先生のメッ−セジにあるように、
原曲どおりのオケ伴演奏という「本格志向」の伝統は見事に続いていますね。
終曲「Agnus Dei」後半の盛り上がりは圧巻、感動の一言。
客席から「ブラボ−!」と声があがるはずです。
いまだ争いの続く現代に、
「dona nobis pacem!」と平和への祈りを込めて歌うことの意味はとても大きいですよ。

また、アンコ−ルといい、館内演奏での讃美歌もよかったです。
かつてのハイマ−トでは考えられない選曲ですが・・・。
アカペラでの温かいハ−モニ−は、
こんなところから育まれているのでしょうか。

「懐かしの我がケンタッキ−の家」のハミングをバックコ−ラスに、
代表からのごあいさつ、
OBの一人として、とても感激して聞かせていただきました。
団創立50年が間近にせまるハイマ−ト。
こんなに立派になったこと、
本当にうれしく思いました。
なによりもこれまでの現役の皆さんたちの頑張りの成果です。

ただ一つ、伊吹先生の指揮ぶりを拝見できなかったのが残念です。
当初予定していた石原氏がご都合で降板とか、
その伊吹先生がこんな事態に・・・。
伊吹先生の体調は、その後いかがでしょうか。
心配です。
そんな中、急きょ大役を見事果たされた上田さん、
本当にご苦労様でした。

とにかく、まずはお疲れ様。
ゆっくり休んで、よき年をお迎えください。
今後ますますの発展、ご活躍を祈念しています。
団員の皆さんによろしくお伝えください。
取り急ぎの感想まで。

  http://www.heimat-choir.net/info_cct.html

PS:帰路、京阪・淀屋橋まで足をのばし、
  光のイルミネ−ションでライトアップされた御堂筋を
  演奏会の余韻を味わいながら、本町まで歩きました。
  私にとって今日は、いい一日でした。
  ありがとう、ハイマ−ト!

    (合唱団OBOG担当へのMailより)
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪09音楽体験あれこれ〜今年一年を振り返って
「♪07音楽体験あれこれ〜一年を振り返って」について  今年も、合唱団の先生方のご指導と家族の温かい理解と協力のお陰で、心に残るいくつもの音楽体験ができました。ひたすら感謝、感謝の一年でした。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2009/12/24 13:56
「♪演奏会を聞いて(アンケ−トにかえて)
「♪大学合唱団演奏会を聞いて」について 皆さん、定演お疲れ様でした。 昨年に続いて聞かせていただきましたが、 この間の団員の充実ぶりはもちろん、 プログラム構成、演奏水準ともにとてもいい演奏会でした。 ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2010/12/13 21:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪大学合唱団演奏会を聞いて 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる