南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀に入ってもう10年!〜「希望の世紀」にするために

<<   作成日時 : 2010/01/11 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像「私が持っていなくて、君たちだけがもっている大きなものがある。
未来というものである。」

かつて司馬さんが、小・中学生の皆さんに届けたメッセ−ジです。
( 『二十一世紀に生きる君たちへ』より)

その司馬さんの作品から、著名な三人の方が、明治維新をはさんだ「激動の時代」の人びとを題材にして、二十一世紀を生きるヒントを届けます。
どうすれば“人が幸せになれる世の中”がつくれるのか?

  ■情報を手に入れて未来を拓こう―世界を見る目をもった人・緒方洪庵
   「英語力」 「IT力」 「情報力」

  ■歴史上の人びとは、僕らの友だちだ―思いをありのままに伝える人・正岡子規
   その時代その時代で、きちんと誠実に、また勇気を持って明るく生きてきた人たちを知ることの楽しさ

  ■世界への好奇心をもとう―広い心をもった人・高田屋嘉兵衛
   人間は忘れる動物/将来への夢や希望   興味を持ったことに打ち込む リスクを覚悟して挑戦する

こうしたキ−ワ−ドがストレ−トに飛び込んできます。
これをきっかけに、あらためて司馬作品を読んでみませんか。

未来をつくる君たちへ―司馬遼太郎作品からのメッセージ
日本放送出版協会
立花 隆

ユーザレビュー:
司馬遼太郎作品から未 ...
10代の子どもたちに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
未来への伝言〜平和へのメッセ−ジ
「21世紀に入ってもう10年!〜「希望の世紀」にするために」について 戦前・戦中・戦後を生きてきた著者が、日本の未来を担う子どもたちに残しておきたい平和へのメッセージ。著者が伝えたい三つの思い、それは・・・ ...続きを見る
南河内ファミリ−メッセ−ジ
2010/09/11 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
21世紀に入ってもう10年!〜「希望の世紀」にするために 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる