南河内ファミリ−メッセ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朗読CDを聞いて・・・

<<   作成日時 : 2011/11/12 17:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像言うまでもありませんが、井伏鱒二の処女作(T8)。山椒魚が岩屋の中に棲んでいるうちに体が大きくなり、外へ出られなくなった狼狽、悲しみの様をユ−モラスに描く作品です。

「定年後やることがありません」と、定年を間近に控えた男性からの悩み相談への回答の中で紹介されているのに目が止まり、あらためて手にしました。

「山椒魚は悲しんだ。・・・・」
 山椒魚が、自分が発育するのを忘れていたために、棲家である岩屋の外に出ようとしても、頭が出口につかえて外に出ることができなくなり、悲しみくれます。回答者はこれを、会社で一生懸命に働き、気づいたら外で何をしていいか分からず、会社という「岩屋」の外に出るに出られなくなっていることに例えます。

 山椒魚は岩屋に飛び込んできた一匹の蛙を閉じ込めてしまい、互いに「お前は莫迦だ」とののしり合う毎日が続きます。そして時が経ち、山椒魚が友情を瞳にこめて、蛙に「降りて来てもよろしい」と呼びかけますが、蛙は「空腹でもう動けない。もう駄目なようだ
」と言います。山椒魚が「お前は今どういうことを考えているようなのだろうか?」と尋ねると、蛙は「今ではべつにお前のことをおこっていないんだ」と答えます。
 この山椒魚と蛙のように、互いにぶつかり合う人間関係が友情を生むといい、相談者にとっての問題は、定年後に「することがない」ことにあるのではなく、会社を定年すると終わってしまう、表面的な人間関係しかないことにあるというのです。

 「会社以外でいきなり新しい人間関係を作れと言っても難しいでしょうから、会社の同期や先輩、あるいは学校の同窓生でもいいですから、じっくり話してみてはいかがでしょう。そこでは、もう会社も地位も関係ありません。同じような人生を歩んできた人間同士です。山椒魚が最後につぶやいたように「お前は今どういうことを考えているようなのだろうか?」と問いかけてみるのです。同じ境遇にある人の人生と謙虚に向き合うことで、新たな人間関係の広がりや、することが見えてくるかもしれません」とアドバイスします。
 
 短編小説でさっと読めますが、朗読CDでしみじみと耳から聞き入るのも一興です。
 セカンドライフ模索中の方へ、お試しあれ。

 *朝日新聞 「悩みのるつぼ」 (回答者:経済学者 金子勝) 2011/10/22

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「いっしよに過ごせるだけで いつのまにか友情」 これも友情!?

 山椒魚は、2年間も岩穴に入っている間に、自分の体が大きくなりすぎて出られなくなってしまった。不自由な身の上に絶望し、悲嘆にくれていたところへ、うっかり迷い込んだカエルが一匹。すっかり意地悪くなっていた山椒魚は出口を塞いでカエルを閉じ込めてしまう。お互い意地を張り合い、ののしり合う一年間。
 しかし、時が過ぎると話もしなくなっていく。お互いに抱いているのが、あざけりや、敵意や憎しみではなくなっていることに気がつく。「今お前は何をかんがえているんだ」と山椒魚が訊くと、カエルは意外にも「今でもおまえをおこっているわけではないんだ」と告げる。
 憎み合う関係からスタ−トしても、いっしょに過ごす時間が苦痛でなくなれば、もうそれは友だちといってもいい。そんなふしぎな友だちスタイルもあり得ることを教えてくれる作品。

  *「14歳の世渡り術−どうして君は友だちがいないのか」(橋下徹/河出書房新社/ 2007)より

山椒魚 (新潮文庫)
新潮社
井伏 鱒二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山椒魚 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
仕事・人間関係の悩みを強みに変える!長岡高生式NLPコーチング(10回コース)
仕事・人間関係の悩みを解決し、目標達成、自己実現、新たな可能性を発見します。 ...続きを見る
仕事・人間関係の悩みを強みに変える!長岡...
2011/11/17 20:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朗読CDを聞いて・・・ 南河内ファミリ−メッセ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる